top of page
  • nobuyoshikobori

金継ぎについて



FEELでの金継ぎワークショップ、そして金継ぎの御依頼につきまして、お申込みお問い合わせと沢山の反応を頂き嬉しく、心より感謝申し上げます。

そこであらためまして、今回のWS開催等に至った経緯につきまして御説明を少し出来ればと。


これまで「金継ぎ」に関する様々なお問い合わせや御要望を頂戴しておりましたので、何かFEELにて皆様に喜んで頂けることが出来ないかと、SNS等での呼びかけを少し前から行っておりました。

その中で、金継ぎに携わる方々からの直接の御連絡や多くの御紹介も頂きました。皆様本当に有難うございました。


そしてその御連絡の中に今回の講師をお願いすることになりました、北川さんがいらっしゃり。私はその御連絡に驚き、そしてとても嬉しく。と言いますのも、北川さんの金継ぎや「陶胎漆器*」を画像ではありますが以前から拝見し、その凛とした美しさに惹かれていたもので。

(*陶胎漆器:現代一般的な木に漆を施した木胎の漆器に対し、陶磁器に漆を施し装飾したもの。)


その後にFEELにいらしてくださった北川さんは、その生み出す作品の様に凛としつつも穏やかな優しさが漂う方で。話される作品や金継ぎへの想いにも共感する部分ばかりで。その場で今後への様々な話がとんとんと進み、今に至ったというものです。



深い想いと共に金継ぎも作陶もされている北川さん。その想いを沢山の方にお届けし繋がって頂けたらと、それが今回のワークショップ開催に至った経緯となります。まだ御参加枠ございますので、御応募は勿論のことお問い合わせなども是非。どうぞお気軽に御連絡くださいませ。

また、まずはということで一回目のWSは月曜日での開催にて御案内しておりますが。全7回すべの参加が難しかったり、まだ予定が不確定であったりとのお声も頂いております。そのあたり、出来る限りフレキシブルな対応をと北川さんと共に考えておりますので、御相談頂けたらと存じます。また他の曜日でのリクエストなども既にございますので、その他様々な御要望も伺いつつ、今後多くの方に御参加頂けますように検討もして参ります。

どうぞ色々との御要望も気軽にお伝え頂ければ幸いです。


また既に頂き始めておりますが、金継ぎ自体の御依頼も承りますので、こちらもDM・店頭にて御相談お待ちしております。


それでは本日も東京杉並荻窪にて

皆様のお越しお待ちしております

何卒宜しくお願い申し上げます。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page